ファンタジーSにアマルフィコーストも出走予定

ワールド競馬待望、秋に行われる牝馬限定戦のG3のファンタジーS。
昨年はフランケル産駒のミスエルテが驚く脚で勝利したことにより、結果的に牡馬も出走可能な朝日杯フューチュリティSで1番人気に推されるまでになりました。

過去にたくさんの有名牝馬が出走していますが、今年注目を浴びそうなのがダイワメジャーの産駒で2戦2勝のアマルフィコーストです。
この馬は前走中京2歳Sを勝利していています。

その他には新潟2歳Sでフロンティアの2着になっているコーディエライトや前走オープン特別を制している ペイシャルアスやレグルドールもいます。
そんな中1番人気の可能性が高いのがルメール騎手が鞍上予定のアーデルワイゼだといわれています。
この馬は父がエイシンフラッシュ、母父がアグネスタキオンという血統です。

重賞を勝利している馬はいませんが、決して低いレベルのメンバー構成ではないので、今年も昨年同様レース後に騒がれるような馬が出現するかもしれません。
2歳のレースは予想が難しい面もありますが、だからこそ楽しさを実感できるので、来年のクラシックを想像しながら競馬新聞を見ながら予想してはいかがでしょうか。

2戦2勝の無傷のアマルフィコーストにも目を向けましょう。