きさらぎ賞は古川騎手鞍上のサトノフェイバーが勝利

毎年訪れるクラシックシーズンに向けて多くの馬たちがステップレースに臨みます。その中のひとつがきさらぎ賞であり、過去には様々な名馬が勝利を果たしています。

ワールド競馬も要注目の、今年のきさらぎ賞は1戦1勝のダノンマジェスティが1番人気に推され、2番人気はグローリーヴェイズでした。レースが始まるとサトノフェイバーが逃げる構えを見せますが、馬群自体は非常に凝縮した形でレースが進みます。グローリーヴェイズが早い段階で先頭に並びかけ、最後の直線を向く頃にはサトノフェイバーが再び2番手以下に差をつけます。グローリーヴェイズが直線で追いすがりますが、サトノフェリー馬との差はなかなか詰まることがなく、最終的にハナ差で古川騎手鞍上のサトノフィーバーが優勝を果たしました。

1番人気のダノンマジェスティは10頭中9着に敗れてしまい、案外な一面を見せてしまいましたが、この馬は非常に乗り難しいようですから今後の馬の成長次第では大物に化ける可能性もあるでしょう。まだまだ他にも強い3歳牡馬はいますが、サトノフェイバーもクラシック路線を担う重要な馬だといえるでしょう。この馬の父はゼンノロブロイで、母父はDistorted Humorという血統です。