サクラアンプルールが地力の高さを札幌記念で披露

夏競馬の時期は大きなレースはあまり行われませんが、しかし札幌記念だけは他とは違った存在感を放っています。
GIを複数優勝するような馬が出走することも多く、夏の時期の2000mの王者を決めるレースといっても過言ではありません。
秋のGIに向けて札幌記念から始動することもありますし、今年もヤマカツエースを中心とした馬が出走しました。

1番人気に推されたのがヤマカツエースで、2番人気は今回はルメール騎手が騎乗するエアスピネル、3番人気は前走強い勝ち方をしたマウントロブソン。
マウントロブソンにはモレイラ騎手が騎乗するということもあり、実績以上の人気となりました。

本来であればネオリアリズムが出走する予定でしたが、残念ながら回避しましたので、馬券の検討が難しくなりました。

逃げたのはロードヴァンドール、続いてマイネルミラノやエアスピネルが続く展開となりますが、最終的にサクラアンプルールが前にいたすべてを差し切って優勝。
2着に入ったのは終始後方にいたナリタハリケーン。
そして3着には1番人気のヤマカツエースが入り、思った以上に荒れたレースとなりました。

サクラアンプルールの勝利に驚いている人も多いですが、今年の中山記念ではネオリアリズムの2着に入っています。
この中山記念はワールド競馬が注目している非常に高レベルで、ロゴタイプやアンビシャス、そしてこのレースの次に出走したドバイターフを快勝したヴィブロスも出走していました。
サクラアンプルールは秋にも大きな舞台で活躍しそうですね。