サンデーサイレンスの偉業を振り返る

現在リーディングサイアーランキングトップ独走中のディープインパクトの父はサンデーサイレンスです。
競馬ファンであれば名前を聞いたことがあるでしょうが、サンデーサイレンスは競走馬としても、そして種牡馬としても超一流のサラブレッドでした。

ワールド競馬がこれまでに見守ってきた中では、現役時代にはイージーゴアとのライバル対決が盛り上がり、2冠やBCクラシックを制覇しています。

日本で種牡馬入りし、初年度からフジキセキやジェニュイン、タヤスツヨシなどを輩出し、その後もスペシャルウィークやアドマイヤベガ、マンハッタンカフェ、ゴールドアリュールなどをはじめ様々な名馬を送り出してきました。
そして何と言っても一番有名な馬はディープインパクトですね。

サンデーサイレンスは1995年にリーディングサイアーに輝き、それ以降は2007年まで独走し続けました。
2002年に残念ながら亡くなってしまいましたが、その後も日本競馬界に相当大きな影響を与え続けました。
今種牡馬や現役競走馬として活躍している馬の多くはサンデーサイレンスの血を引いており、名実ともにトップクラスの名馬です。
日本の競馬を根本から変えたと言われており、日本競馬史上最高の馬だといわれています。
今後もこの血は繁栄し続けるでしょう。