ステイゴールドはとにかくすごい馬

ステイゴールドというと、オルフェーヴルやドリームジャーニー、ゴールドシップなどの近年の競馬界を彩った名馬たちのお父さんでもあります。
上記した馬たちはすべてが母父メジロマックイーン。
それ以外の配合でも、フェノーメノやナカヤマフェスタを輩出しており、大成功を収めた種牡馬と言えるでしょう。

そんなステイゴールド。現役時代はGIで善戦はするもののなかなか勝ちきれないレースが続き、競馬ファンをモヤモヤさせていました。
ですが引退レースの香港ヴァーズでは、届かないような位置から見事に差し切って優勝を果たして、海外で初GI制覇を成し遂げ、そのまま引退しました。
最後の最後にGIを獲れて有終の美を飾った感じですね。

現役時代は勝ちきれない馬でしたが、種牡馬としては、GIを何勝もするような馬を多数輩出しているので、とてもえらいですよね。

現役時代のステイゴールドの同期といえば、二冠馬サニーブライアン、天皇賞春を勝ったメジロブライト、有馬記念馬のシルクジャスティス、菊花賞馬のマチカネフクキタルがいます。

下の世代にはスペシャルウィークやグラスワンダー、テイエムオペラオーなどもいて、競馬が盛り上がっていた時代ですよね。