今年は荒れるのか?2018福島牝馬Sについて展望

荒れる印象が強い福島牝馬Sですが、昨年は本命サイドでの決着となりました。
ローカル重賞こそ荒れて欲しいという馬券を購入する競馬ファンも多いでしょうが、今年の福島牝馬Sは荒れる可能性を秘めています。

1番人気が予想されているカワキタエンカはディープインパクトの産駒で、前走の中山牝馬Sを勝利したものの、その前走の洛陽Sは10着に敗れています。
安定感に欠けていて絶対的な存在ではないと思われます。

その他にもワールド競馬が注目する中では、フロンテアクイーンが話題になっていて、この馬はメイショウサムソンの産駒ということもあり意外とファンが多いといわれています。
善戦はするもののとにかく2着が多く、現在条件戦とG3レースを含め4戦連続2着続きなので、福島牝馬Sで久しぶりの勝利を得たいところです。

他にはトーセンビクトリーも出走を予定していて、前走の中山牝馬Sでは0.3秒差の4着に入り復調気配を見せています。
秋華賞では4番人気になった期待の馬なのでここで勝利しても全く不思議ではありません。

またハービンジャー産駒で岩崎騎手が騎乗するであろうレイホーロマンス、ブラックオニキスもチェックしていただきたいです。

荒れるか本命サイドで収まるかは現時点ではわかりませんが、とにかく競馬ファンにとっても関係者にとっても満足できるレースになって欲しいです。