信じられないくらい強い馬・ネイティヴダンサー

今から半世紀以上も前にアメリカで活躍していたのがネイティヴダンサーです。
ネイティヴダンサーが残した記録は今も色褪せることなく輝き続けています。

まず凄いのが22戦21勝という戦績です。
唯一敗れたレースはケンタッキーダービーでこれに勝っていると3冠馬に慣れたので勿体ないです。
灰色の幽霊とも呼ばれていてアメリカではかなり有名な存在でした。
2度の年度代表馬にも輝いており、1950年代を代表する競走馬です。

競走馬時代も素晴らしかったのですが、一番輝いていたのは種牡馬になってからでしょう。
もしネイティヴダンサーがいなかったら、今の競馬、サラブレッドの歴史は変わっていました。
なぜならネイティヴダンサーの産駒の中に、20世紀で最も偉大なノーザンダンサーのお母さんがいたからです。

そしてほかにもエタン、レイズアネイティヴも輩出しています。
ちなみにノーザンダンサーと共に20世紀を代表する種牡馬と言えばミスタープロスペクターですが、ネイティヴダンサーの孫になります。
もしネイティヴダンサーがいなかったとしたら、世界の競馬が全く違う物になっていたことでしょう。
優秀な馬はたくさんいますが、この馬は特に優れているといえます。