ブリーダーズCクラシックでガンランナーが悲願を達成

現役馬の中で最強のダート馬だと称されていたアロゲート。
今年に入りペガサスワールドCやドバイワールドCで圧巻の走りを見せ、史上最強かとの声もあがりました。

そんなアロゲートのライバルとして存在していたのがガンランナー。
ガンランナーはライバル視されていたもののアロゲートに比べるとパフォーマンス力が弱く実際にドバイワールドCでは後塵を拝しています。
これまでアロゲートに勝利したことがないガンランナーですが、ドバイワールドC後の成績は非常によく、GIレースを3連勝していました。
それに対してアロゲートは連敗を喫し、もしかするとブリーダーズCクラシックでガンランナーに敗れるのではないかとの憶測も流れました。

そんな中今年のブリーダーズCクラシックはデルマー競馬場で開催され、2番人気のガンランナーが2着のコレクティドに対して2馬身4分の1差をつけ勝利し、肝心のアロゲートは5着に敗れてしまいました。
ガンランナーはこれで5連勝し、現時点で世界最強のダート馬といえそうです。
馬は時期によって強さが異なりますし、何らかの影響で競走成績が上がることもあれば下がることも多く難しいものです。
ワールド競馬では今後もガンランナーの活躍に期待したいです。