世界トップクラスの騎手ライアン・ムーア

日本にも上手い騎手は何も人いて、2015年からJRA所属になった、ミルコ・デムーロやクリストフ・ルメールもかなり上手いです。
ですが世界に目を向けると他にもトップジョッキーは数多くいますが、最近注目されているのは、ライアン・ムーア騎手でしょう。
短期騎手免許を取得して日本で騎乗をしたこともあるのでご存知の人も多いはずです。

世界的に名を知られているエイダン・オブライエン厩舎で主戦騎手として活躍していることでも有名です。
ダービーステークスをはじめ、イギリスの1000、2000ギニー、キングジョージ、オークスを勝ち、凱旋門賞やブリーダーズカップターフなどにも勝利しています。
そして日本でもGIレースを4勝もしており、その手腕にほれ込んでいる関係者はたくさんいます。
ちなみに2016年のドバイターフに出走したリアルスティールにも騎乗していて、無事勝利に導いたことでも知られています。
今回紹介した勝利したGIは一部にしかすぎません。
山ほどのGIを勝っていますし、日本で活躍しているミルコ・デムーロやクリストフ・ルメールよりも国際的な評価は上でしょう。
まだ30代前半ですから、これからさらなる活躍をしてくれるはずです。