今尚輝く記録を残すダンシングブレーヴ

競走馬は人間とは違い、強い者同士が配合されてより強い馬を作り出すという目的があるので、常に進化しています。
ですのでほんの数十年でサラブレッドは大きく進化をします。

ダンシングブレーヴは1980年代にヨーロッパで活躍した歴史的名馬ですが、今でも高い評価が為されています。
10戦8勝という成績で、ダービーステークスとブリーダーズCターフでは負けていますが、他のレースでは圧巻の走りをファンに見せています。

とても信じられないような脚を繰り出して大レースを勝つ姿を見たファンは大いに盛り上がり、興奮していました。
主な優勝レースは、イギリスの2000ギニー、エクリプスS、キングジョージ、凱旋門賞となり、レーティングは141を与えられていました。
ですがレーティングの見直しが行われて今は138になり歴代2位となっています。

これだけ素晴らしい成績をおさめていながら、比較的早い段階で日本に種牡馬として輸入され、キングヘイローやキョウエイマーチなどを送り出しました。
ヨーロッパに残してきた馬の中にはコマンダーインチーフやホワイトマズルなどがいました。
またブルードメアサイアーとしても活躍して、日本ダービー馬や宝塚記念馬などを世に送り出しています。