昨年のマイルCS、エリザベス女王杯を振り返る

2015年のマイルCSとエリザベス女王杯を振り返っていきます。

昨年のマイルCSは、安田記念を圧勝してそこから直行となったモーリスが2着のフィエロに力の違いを見せつけて圧勝。
世界一の騎手でもあるライアン・ムーアを鞍上に素晴らしい脚を疲労しました。

1番人気だったのは皐月賞馬イスラボニータ、2番人気はフィエロ、3番人気はサトノアラジン、実はモーリスは4番人気という低評価でしたね。

レッツゴードンキが逃げる展開で、続いてクラリティスカイも前に行きましたが、この2頭は有力馬に差し切られる形となりました。
昨年のマイルCSの出走馬を見ていると、今年と勢力図が変わっていないことに気づきます。
新しい勢力でもあるロードクエストに期待ですね。

そして昨年のエリザベス女王杯は、今年の宝塚記念を制したマリアライトが勝ちました。
11月にBCフィリー&メアターフに出走するヌーヴォレコルトが1番人気、ラキシスが2番人気、ルージュバックが3番人気でした。

非常に良い位置にいたマリアライトが、自慢の脚で差し切りました。
エリザベス女王杯に関しては、昨年と今年はメンバー構成がある程度変わりそうなので、若い勢力にも注目したいですね。