木幡一家が非常に珍しい記録を達成

父木幡初広騎手と、その息子の3兄弟が揃って騎手として活躍していることは有名です。
まさに競馬一家と言っても過言ではなく、父+3兄弟で騎手をしているというのはおそらく前例がありません。

それだけでもとても珍しいことですが、4月15日に歴史的偉業が達成されました。
この日は木幡3兄弟は揃って福島競馬場で騎乗していました。(木幡初広騎手は中山競馬場)
なんとこの日3兄弟すべてが勝利したのですが、これは前代未聞の大記録です。

ちなみに三男の木幡育也騎手はこれが初勝利でしたから喜びもとても大きいでしょうし、兄2人も弟の勝利に立ち会うことができて嬉しかったはずです。

ワールド競馬が応援する3人とも優秀な騎手ですが、特に次男の木幡巧也騎手の勢いは凄まじく、非常に技術力もあると評価されています。
実際にリゾネーターで兵庫チャンピオンシップに臨むことが決まっており、早くも重賞を制覇する可能性も高いでしょう。

長男の木幡初也騎手は弟ほど成績がよくありませんが、自信の昨年の成績を超えそうな勢いで現在活躍中です。

父の木幡初広騎手はすでに51歳ということですが、次回は3兄弟+父が同一競馬場で同一日に勝利してくれると、きっと盛り上がることでしょうね。