残り2ヶ月!2016年のリーディングジョッキーはどうなっている?

秋が深まってくるとリーディングジョッキーの行方が特に気になる人も多いでしょう。
ここで10月30日現在の順位を確認していきましょう。

全国リーディング1位は昨年のリーディングジョッキーでもある、戸崎圭太騎手です。
157勝で2位以下を引き離しています。
外国人ジョッキーが2人とも通年で乗るようになった今でもトップを守っているというのは素晴らしいことです。
大レースの勝利も多くて完全にトップジョッキーの一人となりました。

そして2位はフランス出身のクリストフ・ルメール騎手で、146勝となっています。
GI勝利はNHKマイルCと菊花賞ですね。
騎乗回数だけを見ると1位の戸崎騎手よりかなり少ないので、もっと乗ることができるとチャンスもあるでしょう。

3位はミルコ・デムーロ騎手で、119勝です。
とにかく大レースに強いイメージが強く、スランプに陥っていたとしても急に復活し勝負強さを見せてくれます。
1位と2位から離れているので今年のリーディングジョッキーを獲得するのは難しそうです。

それ以下は、川田将雅騎手、福永祐一と続いています。

あと2ヶ月という期間を考えると、戸崎圭太騎手とルメール騎手に絞り込まれますが、順調であれば戸崎騎手が逃げ切るでしょうね。