秋の王道GI3連勝を果たした名馬ゼンノロブロイ

秋、冬シーズンになると思い出す馬は、人それぞれ異なりますが、ゼンノロブロイをこの季節に思い出す競馬ファンは多いでしょう。
その理由は何といっても、秋の王道GIを3連勝したからでしょう。

ゼンノロブロイはGIを3勝していますが、それは秋の王道GIともいえる天皇賞秋とジャパンカップ、有馬記念です。
この3つのレースを同一年度にすべて勝つとボーナスがもらえるのですが、これを見事達成したのは、ゼンノロブロイとテイエムオペラオーの2頭です。

テイエムオペラオーは全部でGIを7勝していますが、ゼンノロブロイは3勝。
ですから2004年の秋古馬三冠の時は覚醒していたのかもしれませんね。

しかしそれ以外にも日本ダービーでネオユニヴァースの2着、天皇賞春で2着、インターナショナルSで2着などがあり、2005年天皇賞秋では2着に入るなどの活躍をしました。

ゼンノロブロイがこの秋古馬三冠を達成してからは、なかなかこれを達成する馬は出てきていませんから、この事実を見るとゼンノロブロイのすばらしさが分かりますよね。

初年度産駒からはサンテミリオン(オークス)が出て、さらにマグニフィカが地方のジャパンダートダービーを制する活躍を見せたのですが、それ以降の産駒はGI勝利をしていません。
今後に期待したいですね。