名繁殖牝馬を紹介します(海外編)

名繁殖牝馬は国内にもいますが、スケールの大きさを求めるなら、やはり海外に目を向けるべきです。

まずはアーバンシーを紹介します。
凱旋門賞などを勝利していて競走馬としても大活躍していますが、繁殖牝馬としての実績はもっと素晴らしいです。
代表産駒は素晴らしい馬たちばかりなので、主な2頭だけ紹介します。
ガリレオとシーザスターズです。
ガリレオは競走馬としての成績も超一流ですが、種牡馬としても大成功を収めていて、凄まじいほどの種付け料が有名です。
そしてシーザスターズはフランケルが登場するまで21世紀最強馬とする声もあったほどで、凱旋門賞など世界トップクラスのレースをいくつも勝っています。

そしてサムシングロイヤルも間違いなく名繁殖牝馬に相応しいでしょう。
サーゲイロードやセクレタリアトなどを世に送り出し、競馬の歴史そのものを変えたと言っても過言ではありません。
サーゲイロードは系統を作り上げていますし、セクレタリアトはアメリカの宝とも言われている馬です。
称賛に値する最高の繁殖牝馬です。

この他にもダリアなど、世界には多くの名繁殖牝馬たちがいます。
種牡馬ばかりに目を向けがちですが、たまには視点を変えてみるのも良いでしょう。