JRA賞の受賞馬が発表されたことについて

2017年のJRA賞を獲得した馬が発表されました。まずは誰もが注目する年度代表馬ですが、大阪杯と天皇賞春、天皇賞秋、有馬記念を制したキタサンブラックが287票を獲得して輝きました。残りの3票は障害レースで活躍するオジュウチョウサンに投票されましたが、障害界で活躍する馬に投票されるのは非常に珍しいことです。

ワールド競馬が見守るキタサンブラックは最優秀4歳以上牡馬に満票で選出され、最優秀障害馬にはオジュウチョウサンが選ばれました。2歳馬部門は牡馬はGI勝ちのあるダノンプレミアム、牝馬はラッキーライラックが選出されています。

3歳馬部門はレイデオロが牡馬部門で輝き、ソウルスターリングが牝馬部門で栄冠を手にしました。ちなみに最優秀3歳牝馬でソウルスターリングに迫ったのが120票を獲得したモズカッチャンでした。

最優秀4歳以上牝馬はドバイでのGI勝ちが評価されたヴィブロス、最優秀短距離馬はスプリンターズSを制しているレッドファルクス、最優秀ダートホースにはゴールドドリームが輝きました。

年度代表馬のキタサンブラックは2年連続の年度代表馬に輝くことができ、歴史に名を刻みました。しかしすでに引退しているので、2018年の勢力図は様変わりするでしょう。