NARグランプリ2017が発表される

2017年に地方競馬で活躍した馬が表彰されるNARグランプリ2017。年度代表馬に輝いたのはジャパンダートダービーでJRAの所属馬を破ったヒガシウィルウィンです。ジャパンダートダービー以降は勝ち星を挙げられていませんが、JRAのサンライズソア相手に勝ったことが評価されました。

ワールド競馬が応援するヒガシウィルウィンには7票が投じられ、実はララベルにも5票が投じられています。ララベルは2017年のJBCレディスクラシックにおいて、プリンシアコメータをはじめとする強豪JRA馬を退けたことが評価されたのでしょう。2017年の勝利はこのレースだけでしたが、やはり大きな舞台で勝ちきったというのは注目ポイントですね。

そしてダートグレード競走特別賞としてコパノリッキーが全会一致で選ばれました。この馬はJRAの所属馬ですが、地方競馬において果たしてきた役割は非常に大きい点も評価ポイントだったのでしょう。

そして最優秀ターフ馬にはJRAの2歳戦で活躍したダブルシャープ、最優秀短距離馬にはブルドッグボスが輝いています。ちなみにばんえい最優秀馬は、2017年のばんえい記念を制しているオレノココロが選ばれました。

2018年は2017年以上に地方競馬所属馬が活躍するとより競馬自体が盛り上がるでしょう。